ライフステージで変わる生命保険 比較について

人生には色々な節目があると思いますが、生命保険 比較はその節目の度に行うと良いと言われています。
節目が無い場合でも、5年毎には生命保険 比較をすると今現在ベストなものが選べるので面倒ですが常にアンテナを張ることが大切です。
大体の方が就職した時にまず保険について考えると思います。
会社に就職した場合は職場に保険の外交員が来て色々勧められるとも思います。

基本的に独身の場合は、高額な生命保険は必要ありません。
生命保険というのは残された家族の生活を保障するためのものなので、最低限お葬式代があればいいでしょう。
そこも貯金で賄えるならば必要ない事が多いです。

次に結婚した時ですが、またライフステージが変わり色々な生命保険の比較を検討する時期だと思います。
こちらも、まだ子供が居ない場合は配偶者のために必要最低限の額をかけておく形で充分でしょう。

そして子供が生まれた時には、生命保険の必要性が一番重要な時期になってきます。
夫側だけの生命保険の比較をしがちですが、実は妻の生命保険も子供が小さい頃は意外に大事です。
妻が亡くなって子供を世話する人が亡くなった時にもベビーシッター代や会社を早退して保育園に迎えに行くために給料が下がるなどの事も考えられます。
生命保険の比較はここは一番しっかりと行うべきでしょう。

最後に住宅ローンを組んだ時の生命保険の比較についてです。
住宅ローンを組む時に、ほとんどの人が団体信用生命保険をかけると思います。
こちらは、債務者に万が一の事があった場合に組んでいるローンの残額を保証してもらえる保険です。
という事で、万が一世帯主が亡くなった場合でも家賃(住宅ローン)は、無くなるのでそれを考慮した生命保険の比較をするとよりお得な保険が探せます。
人生のライフステージごとに生命保険の比較をしてよりお得に保険を組めるとベストです。愛媛県行ってみない?