独身者が入るべき生命保険 比較とは

結婚した人が家族のためにと生命保険に加入するのは、愛情や責任感の表れでもあり、納得できますよね。
では、独身者の場合はどうでしょうか。家族がいないから生命保険は不要、という考えもありますが、逆に誰にも頼れないからこそ保険が必要という考えも必要です。

それでは、加入の際にはどこに気を付けるべきなのでしょうか。
営業マンに言われるままによくわからないプランにサインをしていませんか?
もしかしたら生命保険 比較をきちんとせずに、あなたにマッチしていない保険に入ってしまっているかもしれません。

一番のポイントは、生命保険という名前にとらわれないということです。
生命保険とは文字通り死亡したら保険金がおりるというものです。
しかし、独身の場合は自分が死んで大きな保険金があっても意味がないことも多くあります。
事情があって両親に多額のお金を残したいなどというパターン以外、独身者は死んでもらえる生命保険よりも生きているうちに、自分のピンチ時に自分で使える保険を選ぶべきです。
自分の死後に3000万円の保険金がおりるより、自分がガンになったり介護状態になった際に1000万円自分で受け取れるほうが良いと思いませんか?

医療が進歩した今、病気時に大きな金額を自分で受け取れる一時金が保険の主流となっています。
独身者が入るべきなのは、自分のための保険です。
大きな金額の生命保険への加入は、家庭を持ってから検討するようにしましょう。
このような生命保険 比較をしっかり相談できる良い保険プランナーに巡り合えると良いですね。愛媛県行ってみない?